カテゴリー別アーカイブ: 指輪のデザイン

Freyフレイ豊穣の神

Freyフレイは新芽と実りをリング模様にデザインしたリング。

その上に王冠の形をした繊細なリングを重ねられるようになっています。

 

frey-01

Freyフレイ豊穣の神という名前の指輪

frey-02

Freyフレイ 上に重なる王冠リング

豊穣とは実り豊かという意味、

この指輪には新しい生活をスタートするおふたりが健康で暮らせるように、またその暮らしすべてが豊かに実りますようにという願いが込められています。

細かな模様の部分は凹凸があり、凸は鏡面、凹はつや消しになっているので、全体がアンティークな印象です。写真はイエローゴールドで華やかです。男性はプラチナやホワイトゴールドでペアにされても素敵です。上に重なる王冠リングは小さなダイヤモンドが頂に輝き、大人の可愛らしさを引き出します。

今年の初めに王冠リングをご購入されたお客様が、先日こちらのFreyフレイリングをペアでご注文くださいました。指輪の内側には記念の日付がありました。

サンプルリングをお貸出ししてご注文をいただきますので、お顔を合わせることがないのですが、お名前や刻印、メモの筆跡などを通しておひとりおひとりのストーリーを思いめぐらしています。

frey

物語を感じるような指輪

 

 

新作Vinヴィン風

vind

Vinヴィン風

緑の草むらを吹き抜ける、
北欧の風をイメージした結婚指輪ができました。
細身のフォルムながら、上下に刻まれた印象的な
ミルグレインにより、存在感のあります。
このミルグレインは豊穣の象徴で、実りある暮らしを約束してくれます。

今風の流行のデザインのようだけど、落ちついた雰囲気を醸し出しています。
このリングから北欧の心地良い風を、全身で感じてください。
良く晴れた午後の公園で、風に吹かれながらお気に入りの本を読んでいるような幸せな気持ちになります。

新しい生活をスタートさせたおふたりの薬指に長く親しまれることでしょう。
銀色と金色のコンビネーションがおすすめです。

vind-01

Vinヴィン風 18金イエローゴールド

vind-04

イエローゴールドとプラチナもしくはホワイトゴールドのペア

つや消し加工

__

写真のリングはMalerメーラ画家です。
こちらは K18YG(イエローゴールド)のリングの表面につや消し加工をしてマットな輝きにしたものです。

通常は鏡面の仕上げですが、ご要望により承りました。

購入してすぐの指輪は金属独特の艶とテリがあり、気恥ずかしいくらいピカピカしているものですが、
このように表面を少しマットな艶にすると ぐっと落ち着いた印象になりますね。
このリングはイエローゴールドですが、一層雰囲気のある結婚指輪に仕上がりました。
お客様も喜んでくださいました。

素材にかかわらず(PTプラチナ、K18WGホワイトゴールド)つや消し加工は承ることができます。

現在、こちらの加工ができるリングは、Malerメーラ画家、Torvトー広場となっております。

通常の鏡面のリングは 長年使用していくうちに小傷がついてマット輝きになってきますが、
逆に初めにつや消し加工を施したリングは、使用するうちに表面が磨かれて少し艶が出てきます。

結婚指輪はお手入れしながら使い続けるものなので、数年たっての磨きなおしなども
弊社で承ります。

写真のMalerメーラは、リング内側の鏡面とリング表面のマットな輝きのコントラストが
とてもきれいでした。