月別アーカイブ: 2014年11月

いい夫婦の日はどのように過ごされましたか

11月22日はいい夫婦の日でした。

数字の語呂合わせ、1122=いいふうふ と読めることから、2000年頃から話題になり始めました。日頃の感謝の気持ちを形にするきっかけとしてはよい機会になりますね。結婚指輪に携わるものとしては、結婚して間もない方も、数十年の年月が経ったご夫婦にも大切に過ごしていただきたい日です。

いい夫婦の日にご入籍されたかたもおおぜいいらっしゃるでしょう。おめでとうございます。ご注文いただいた指輪の中には、刻印に 11.22と刻まれているリングがありました。結婚記念日が11月22日というのも素敵ですね。

日本人はコミュニーケーションが苦手で、特に夫婦間ではなかなか愛情表現の言葉は年数とともに少なくなりがちですが、お互いの愛と信頼を確認し合い、助けあう絆を深めるためにも節目にお祝いをするのはよいことだと思います。

結婚記念日はその年数によって様々な名前が付けられています。

1年目  紙婚式

5年目  木婚式

10年目 錫婚式

15年目 水晶婚式

25年目 銀婚式

30年目 真珠婚式

50年目 金婚式

 

記念日に贈り物をするのも良いですが、何よりも

「いつもありがとう」 と一言伝えるだけでよいのかもしれませんね。

はじまりの日 この気持ちをいつまでも忘れないように

 

Thorトール最強の神

こちらは永遠に繋がるメビウスの輪の模様が入ったリング。両端の細かなミルグレインによってアンティークな雰囲気を醸し出しています。

写真はイエローゴールドとホワイトゴールドのペア。素材によって印象が違うので、

あたたかみのある金色は女性に、すっきりとした銀色は男性にいかがでしょう。ペアにされるととても素敵です。

thor

Thorトール最強の神という名前の指輪

上に重ねる王冠リングはアーチを連ねた形になっており、中央のダイヤモンドと輝きあい、優しく語りかけてくれるようです。とても繊細な印象があり、可憐な優しい女性にぴったりの指輪ですね。

thor-02

Thorトール 上に重なる王冠リング

thor-01

Thorトール メビウスの輪の模様に ミルグレインの細かな刻み

重ねるとメビウスの輪の模様と王冠リングのアーチがよく合い、ぐっと華やかさが増します。

結婚指輪はシンプルなものが良いと思われるかたにも、このデザインなら派手すぎずお使いいただけると思います。ふたりだけの何かこだわりのある結婚指輪をお探しの方におすすめです。

 

 

Freyフレイ豊穣の神

Freyフレイは新芽と実りをリング模様にデザインしたリング。

その上に王冠の形をした繊細なリングを重ねられるようになっています。

 

frey-01

Freyフレイ豊穣の神という名前の指輪

frey-02

Freyフレイ 上に重なる王冠リング

豊穣とは実り豊かという意味、

この指輪には新しい生活をスタートするおふたりが健康で暮らせるように、またその暮らしすべてが豊かに実りますようにという願いが込められています。

細かな模様の部分は凹凸があり、凸は鏡面、凹はつや消しになっているので、全体がアンティークな印象です。写真はイエローゴールドで華やかです。男性はプラチナやホワイトゴールドでペアにされても素敵です。上に重なる王冠リングは小さなダイヤモンドが頂に輝き、大人の可愛らしさを引き出します。

今年の初めに王冠リングをご購入されたお客様が、先日こちらのFreyフレイリングをペアでご注文くださいました。指輪の内側には記念の日付がありました。

サンプルリングをお貸出ししてご注文をいただきますので、お顔を合わせることがないのですが、お名前や刻印、メモの筆跡などを通しておひとりおひとりのストーリーを思いめぐらしています。

frey

物語を感じるような指輪