結婚指輪の素材

北欧スタイル

結婚指輪 マリッジド・マリッジ
結婚指輪 サンプルリングご請求
TEL 03-3546-1314 (平日10〜17時)
東京都中央区銀座3-11-19

結婚指輪TOP > よくあるご質問
よくあるご質問
BackNext
結婚指輪(マリッジリング)Himmel ヒメル

Q: マリッジリング(結婚指輪)の素材には、ゴールドとプラチナがあるようですが?

結婚指輪の素材としては、プラチナとゴールドが一般的です。
欧米ではイエローゴールド日本と中国ではプラチナが主流と言えるでしょう。

プラチナは比重が重く、ずっしりとした存在感があり、変色等の心配がほとんどありませんが、とてもやわらかい金属なので、表面に傷が付きやすいという特徴があります。
Pt900,Pt950等、90%以上の純度で使われるのが一般的です。

ゴールドは、イエロー、ホワイト、ピンク等色のバリエーションが豊か、プラチナと比べて
価格が 手頃で、傷が付きにくいこともあり、ここ数年人気が高まっています。
その一方で、温泉に入ったりすると表面が変色することもあります。
こちらが18金(K18),75%の純度が一般的です。

ホワイトゴールドは、ゴールドにパラジウムという金属を加えて色を白くしたもので、
その表面にロジウムをメッキしています。
パラジウムの比率が少ない場合、長く使いロジウムが摩耗し全体が黄色味を帯びることもありますが、 再度メッキすることにより元の美しさを保つことが出来ます。(パラジウムの配合が多ければ、
ベースの色も黄色くありません。購入の際、確認することをお勧めします。)

ピンクゴールドは、イエローゴールドと比べて銅を多めに配合し赤味を出した素材です。
最近人気がありますが、加工が難しくサイズ直しが制限されることもあります。、

プラチナもゴールドも、手入れをしながら使えばずっと愛用できる素材ですが、
最近登場している純度の低い素材(10金等)には注意が必要です。
世界的に見ても一般的でないため、サイズ直し等メンテナンスに支障がある可能性もあり、長く使う結婚指輪にはお勧め出来ません。

プラチナとゴールドと言っても、様々なバリエーション、特色があるので、ふたりにとって何を重視するべきかをよく考える必要がありますね。

マリッジド・マリッジでは全てのデザインをプラチナ、ホワイトゴールド、イエローゴールド(一部デザインではピンクゴールド)から、お好きな素材を選んで注文することが出来ます。
自分達のスタイルにあった結婚指輪をお選びください。

結婚指輪のブラシュケル   結婚指輪 マリッジド・マリッジ

↓ こちらも合わせてご覧ください ↓

10日でわかる失敗しない結婚指輪の選び方 購読フォーム
e-mail:



  • ムーミンの結婚指輪 幸せのムーミンたちをあなたに
  • 北欧スタイルの結婚指輪Instagram


Copyright (C) 2013 GNH Co,.Ltd. All Rights Reserved.
北欧スタイルのマリッジリングMarriaged Marriage 婚約指輪
trackingArea